コレステロール

基準値より高いコレステロールになっている場合、動脈硬化や肥満をはじめとする事態を招きやすくなります。 コレステロールが高まりを見せるワケに関しては、推奨値を超えるカロリーの摂取と慢性的な運動不足とされています。 あまり脂肪を摂取し過ぎない食事を意識することは、高くなったコレステロール値を改善するのに理想的な方法です。

食事メニューを変更することも大切ですが、運動療法を一緒に続けていくことによってコレステロール値を正常に戻すことが可能です。 コレステロールを下げるためには、有酸素運動がお勧めです。 有酸素運動の種類としては、ジョギング、ウォーキング、水泳といったものです。

こういったコレステロール値を調整する運動は、食事をとり終えてから3時間後に始めるのが最適です。 中性脂肪というのは食後3時間経過した時が最も増える時間といえるので、これに合わせて運動を始めると中性脂肪を無駄なく排除することができます。

体の中の中性脂肪を撃退することにより、体によい働きをしてくれる善玉コレステロールを増加させることができます。 コレステロール値を改善することを目的とした運動は、体が動かなくなるほど過酷な運動を行わなくても問題ありません。

汗を軽くかくぐらいの運動を30分ないし40分間、できるだけ毎日欠かさず、難しいようでしたら週に3回を心がけてみましょう。 高まったコレステロール値を改善するには、ジョギングでいえば1日4キロを目指して、飛ばして走るのと比較してゆったりと走るほうがよいでしょう。

ウォーキングを行う際は適当に行うのではなく、背筋を伸ばして歩幅を大きくとり1日2から3キロ程度を目安に行うと効果的です。 とにかく続けて実践していくことがコレステロール値を改善するためには最も大切ですから、しんどい思いをせずに続けていける運動をチョイスしましょう。


△ Page Top