嘔吐下痢症

嘔吐下痢症に感染すると、たくさんの種類の症状が出てきますが、普通は風邪のような症状が出てきます。

しかし、体温の上昇が長期間続かず、咳も軽くで治まる場合がよく見られます。

嘔吐の場合は、ほとんど食事をしていなくても吐き気に襲われ、発症して数日間はひどい症状のことが多くあります。

発症後は最初は嘔吐、そしてその後下痢の症状がきつくなって、薄い黄色や緑系の変わった便が出ることが続き、少しずつ水分量の多いものになります。

嘔吐下痢症の特長は、下痢が3から7日ほど治まらないというもので、症状が良くなってくると便の硬さも戻ってきます。

症状が見受けられた直後は、数分ごと・数十分ごとに嘔吐感がありつらい思いをすることになりますが、これは回復してくるにつれて吐き気を催す間隔も開くようになります。

そして、嘔吐下痢症の発症患者には乳幼児が多いのですが、それを看病する親のほうも随分疲れるものです。

数日間で具合が良くなる風邪とは異なり、1週間ほど体調が回復しないため、そのことを覚えておいて看護しなくてはなりません。

嘔吐下痢症のことを知らないままに看護をすると、2次感染を招いたり、患者の病状の悪化に繋がる可能性も出てくるので、よく注意しなくてはなりません。

家庭では対応できないというときは早めに病院に連れて行くことが大切です。


△ Page Top